2013年11月30日

藍染体験で思い出を刻む(なんだべ村)


福島県と藍染には深いかかわりがあるそうですが、そのような小難しい話をきちんと伝えられる自信もないので、以前私が実際に体験させていただいた時のことについて書きたいと思います。

私が体験した時は豊かな自然に囲まれた石井さん宅(通称なんだべ村)に先制をお招きし、その先生に優しく教えてもらいながら行いました。真っ白な布を自由に縛り、模様をつけていきます。このときはまだ、いったいこれらにどんな模様がつくかは正確にはわかっていません。どんなふうに模様をつけようか、悩みながら、先生のお手本とにらめっこし、ぎこちなく、布を縛っていきます。それを深い深い色をした染料と透明な薬品に何度も漬け、色を付けていきます。
染料は、どちらかというと黒に程近い緑色?のような色をしていて、本当にこれが藍色になるのかと不安になります。それでも、手を不気味な色に染めながら、何度も何度も液の中へと、思いを込め縛った布を入れていきます。するとそのうち、最初は緑色をしていた布が、少しずつ深い青色に変化していきます。
空気に触れた緑がじわじわとその青色に変化していく様は、見ていて不思議でとてもドキドキします。白かった布がすっかり緑、そして青に変わった頃、透明な駅にまたくぐらせて、布を縛り付けていた輪ゴムを取り外します。広げた瞬間自然と零れる声は、感激や感動というより、喜びに近いものでした。真っ青な布の上を走る白い模様たちにすっかりと魅せられています。まだ濡れる布を福島の透き通る青い空に透かしてみてみると、よくわからないけれど、これがあいの色なのだと、何かを理解出来たような気になっていました。
帰り際にまだ少し色のついた掌で先生とした握手と、その時にかけられた優しい言葉、そしてあいの色をした手拭は忘れることができない思い出として残ること間違いなしです。是非体験してみてはいかがですか。

文京学院大学1年 とみなが(2013年11月訪問)

藍染め
posted by 逢瀬いなか体験:研修プログラム担当 at 00:00| Comment(0) | 体験談 | 更新情報をチェックする

もうひとつの帰る場所。中村さんち


私が生まれて初めて福島県逢瀬町を訪れた際にお世話になった中村さんのお宅について書きたいと思います。

逢瀬町を吹き抜ける風は都会のものとは違いとても澄んでいます。
私が住んでいる埼玉県が都会かどうかはさておき澄んでいます。車を降りた瞬間吹き抜ける風は自然の匂いがしていました。
そんな逢瀬町にある中村さんのお宅はとても広く大きいです。玄関の前に立った瞬間に気が付く、どこか懐かしい雰囲気と、猫、猫、猫。そう、猫です。猫パラダイスです。可愛らしい猫ちゃんが沢山います。可愛いです。触り放題!!触り放題!!

中村さんのお家の近くだけでなく、逢瀬町には本当にたくさんの田畑があります。私が初めて訪れた時はちょうど田植えの季節で、大黒柱である中村和夫さんに教わりながら田植えの経験をさせてもらえました。初めて乗る田植え機は操縦がとても難しくがたがたになってしまいましたが、それでも中村さんは優しく教えてくださいます。遠く高い青色の空の下で自分たちが植えた苗が風に揺られ、一面の緑が波打っている光景は壮観です。

冬であれば、雑草を抑えるために水を張った田んぼに舞い降りる白鳥がみられるそうです(お恥ずかしながら私はまだ見たことがありませんが)。また、冬は一層空気が澄んで、近所を散策するととても心が洗われるようです。環境に配慮された中村さんの田んぼは、どの季節でも命にあふれています。その様子を見るだけでも、ここを訪れる理由になりえる程に豊かです。お家に戻り一通り猫をなでると、地元のお野菜をたくさん使った美味しい夜ご飯をいただくことができます。中村さんの奥さんと一緒に、地元野菜を調理します。そしてたくさんの美味しいごはんをたくさんの人と囲み食べながら、中村さんのお話を聞くと、なんだか家に帰ってきたなぁ、というあたたかさに包まれます。その頃にはもうすっかり中村さん家の魅力にずっぽりはまり、帰るのが嫌でたまらなくなっていることでしょう。このあたたかさを私の稚拙な言葉で伝えるのは最早不可能です。こればかりは、実際に行った人にしか感じることはできないでしょう。

ぬくもりあふれる逢瀬町の中村さんのお宅を、皆さんも訪れてはいかがですか。

文京学院大学1年 とみなが(2013年9月訪問)

なかむらさんち
posted by 逢瀬いなか体験:研修プログラム担当 at 00:00| Comment(0) | 体験談 | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

グリーンツーリズムツアー(2013年11月)BYつぼ


文京学院大学では年に1回ほど、グリーンツーリズムとして逢瀬町と交流させていただいてます。
学生の中にはそれ以外にも逢瀬町へ行く生徒も多いですが、バスを借りての大きなツアーはこのグリーンツーリズムだけとなっています。
文京学院大学とは2006年からグリーンツーリズムでお世話になっています。

今回のツアーは1泊2日で、逢瀬町の伝統文化や農家さんとの交流を通して逢瀬町を知ってもらおうと考え日程を組みました。
1日目は藍染め体験、ひょっとこ、そのあと農家さんの家に泊まり、2日目は一緒に料理したり、餅つき、逢瀬町の文化祭にも行きました。
いつものツアーはいろいろなことをやろうとして、日程がきつくなっていたので、今年はゆっくりとしたツアーにしよう!ということで朝もゆっくりと過ごせるような日程にしました。

逢瀬町の人たちはとても暖かく、初めて来た人たちもみんながとても楽しそうでした。
感想を聞くと、「また逢瀬に行きたい!」だったり、「ご飯がおいしかった!」など、ツアーがとても良いものになったと感じました。
今回、コーディネーターとしてかかわり、人の温かさや自然の大きさなど、もっともっと逢瀬の良いところをみんなに紹介できたらなと思いました。
一度行くと何度も行きたくなる、それが逢瀬町の魅力であり、そのことをもっと多くの人たちに知ってもらいたいと思います。

文京学院大学2年 つぼ(2013年11月訪問)

グリーンツーリズムツアー(2013年11月)

グリーンツーリズムツアー(2013年11月)
posted by 逢瀬いなか体験:研修プログラム担当 at 00:00| Comment(0) | 体験談 | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

初めて訪れた逢瀬町(1ヶ月間のインターンシップ)


私が初めて逢瀬町を訪れたのは大学3年生の夏休みのことでした。
授業の一環であるインターンシップとして、1か月程滞在し、農作業のお手伝いをしたり、農家での暮らしを体験するというものでした。そもそもここで実習を行おうと決めたきっかけとなったことは、逢瀬町の方々の人の良さでした。

ふじみ野市で逢瀬町の野菜販売を行った際に逢瀬町の農家の方々もふじみ野市に来てくださり、一緒に野菜の販売を行いました。そこで農家の方と触れ合い、その方々の人の良さに惹かれました。
「こんなに良い人たちが住むところはどんなところなのだろう、きっと良いところに違いない、こんなに素晴らしい人々が住んでいる地を訪れてみたい」と思ったことがインターンを行うきっかけでした。
実際に逢瀬町を訪れてみると、私の想像通りの素晴らしいところでした。最初に電車で郡山に降り立ったときは、自分の住む街よりもよっぽど都会で驚いたのですが、そこから車で1時間程いくと、見事なまでの田園風景が広がっていました。
私は、その景色を見た瞬間、逢瀬町の虜となりました。既に行ったことのある友達や先生方が「すごく良いところ」だと言っている理由が一瞬にして分かったのです。逢瀬町はそういう場所だと思います。誰もがその土地を訪れれば、なんだか懐かしい気持ちとなり、癒される。そこに居るだけで、幸せな気持ちになることができるのです。その要因には、多くの自然だけでなく、逢瀬町の人々のあたたかさも関係しているのだと思います。ぜひ、みなさんにも 逢瀬町を訪れていただき、忘れかけていたような、懐かしい、あたたかい気持ちを感じていただければと思います。

文京学院大学4年 きよし(2012年9月訪問)

逢瀬の風景

逢瀬の風景
posted by 逢瀬いなか体験:研修プログラム担当 at 00:00| Comment(0) | 体験談 | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

ふと思い出すあの景色


グリーンツーリズムの企画で何度も逢瀬を訪れる時期がありました。
毎回毎回楽しく帰ってくるのですが、一度だけ大泣きしてしまったことがあります。
そんな時、石井さんがご自宅へ招いてくれて、満天の星空と、蛍を見せてくれました。
そんな夜空を眺め、石井さん宅にある足湯につかりながら、悲しかった気持ちが空に吸い込まれていったのを覚えています。

社会人になりまったく逢瀬へ訪れるタイミングを逃していますが、泣きたくなるとその景色を思い出します。
そんな心の故郷があるっていいですよね。仕事が落ち着いたら、ふらーっとみんなに逢いにいきたいなー。
 
もつを(2011年6月訪問)

満天の星空
posted by 逢瀬いなか体験:研修プログラム担当 at 00:00| Comment(0) | 体験談 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。