2013年12月30日

魅力的な自然あふれる なんだべ村


私の家の近所には川が流れています。汚いまでとは言いませんが、時折変な色に泡立ち、周辺にはなんだか淀んだような臭いが立ち込めます。魚は川底に腹を擦り付け生きています。

福島県逢瀬町の石井さんのお宅には、広大な土地があり、そこには豊かな自然が広がっています。小川は絶えず流れ澄んだ空気に満ちており、夏頃にはなんかヤモリとかもいろいろ流れます。生き物に満ち満ちています。石井さんのお宅の土地はなんだべ村と名付けられ、そこは広大なビオトープになっています。限りなく自然に近い自然の姿を間近に見ることができます。
夏になれば、今はもうなかなか見ることができない蛍を見ることができます。暗闇の中に浮かぶ幻想的な光と、空一面に散らばる星々は、関東ではなかなか見ることができないでしょう。秋ともなれば、そこいらじゅうを飛び回るトンボと風に揺れる大量のススキが夕日の朱に染まり、なんだか懐かしい、ノスタルジックな気分に浸れます。もちろん農作業体験も行えます。一年を通して様々な顔を見せてくれる自然たちと、その自然とともに生きる石井さんのお話は、何物にもかえがたいものです。また、なんだべ村では石井さんが作ったお野菜を使った料理や、なんと自作の窯で焼いたピザを食べることもできます。敷地内には飼われている鶏もいますし、何度行っても新しい発見があり飽きの来ない場所です。
是非、あふれる自然に触れ、なにか新しいことを発見してみてはいかがでしょうか。

文京学院大学1年 とみなが(2013年11月訪問)

なんだべ村
posted by 逢瀬いなか体験:研修プログラム担当 at 00:00| Comment(0) | 体験談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。