2014年01月30日

逢瀬町の郷土料理”キャベツもち”紹介!


こんにちは!今日の記事では、私が大好きな逢瀬町の郷土料理”キャベツもち”について紹介します(-^〇^-)

“キャベツもち”って、聞いたことありますか?「福島県郡山市(西部)の郷土料理」として、バラエティ番組のフジテレビ「リアルスコープ」や読売テレビ「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられたこともあるんです!でも、実際に郡山市西部でも食べられている地域は限られているそう・・・その発祥と言われる地区が、逢瀬町なんです。

キャベツの中にお餅が包まれてるのを想像してしまうかもしれませんが、その逆なんです。キャベツを醤油などで甘辛く炒めて、つきたてのお餅に絡めて出来上がり。シンプルなのに、とってもおいしい!!日本人が好きな味、という感じです。
はじめて逢瀬町でこれを見たとき、キャベツとお餅!?と、その組み合わせに衝撃を受けましたが、寒い冬で栄養をたくさん蓄えたキャベツと、農家さんが作った自慢のもち米のコラボはたまりません!!冬の逢瀬町といえば、絶対に食べ損ねられないごちそうです。

逢瀬田舎体験交流協議会のグリーンツーリズムでは、郷土料理作り体験として、キャベツを炒める班とお餅をつく班に分かれてキャベツもちを共同作業で作ったりしました。餅つきの方法もおもしろくて、みんなでやるのが楽しかったです♪

寒い時期に逢瀬町を訪れた時は、ぜひ農家さんに郷土料理“キャベツもち”をおねだりしてみてくださいね(●´ω`●)

文京学院大学4年 かっち(2012年12月訪問)

キャベツ餅

キャベツ餅
posted by 逢瀬いなか体験:研修プログラム担当 at 00:00| Comment(0) | 体験談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。